eチケットが利用できる

- eチケットが利用できる

eチケットが利用できる

最近では航空券の形態の一つとしてeチケットと呼ばれるものがあります。
eチケットと言うのはWebサイトもしくは電話による座席予約をシステム内に記録をしており、チケットレスサービスとも呼ばれています。
紙の航空券を持たなくても済みますので、紛失や盗難の恐れが無い点で利点が多いです。
格安航空券であってもeチケットを利用することができますので、これから利用する人たちにとってはこの方法が当たり前になる可能性があります。

eチケットの利用の仕方は

eチケットはメールで送付されたお客様控えに記載されているURLから印刷することができます。
国内線であればわざわざお客様控えをプリントアウトをする必要はないです。
ただし、お客様控えについてはチェックイン時で必要になりますので、すぐに取り出せるようにしておくべきです。
その他にも予約を変更したり、払い戻しを受ける時にも必要になります。
自動チェックイン機で搭乗手続きを行う際にお客様控えが必要になってきます。
予約番号や確認番号を入力してeチケットを発券してもらいます。
荷物を預けたいのであれば手荷物預かり所に行って所定の手続きを行います。
出発15分前までに保安検査を受けて、搭乗口に向かいます。

eチケットのメリット

eチケットはメールなどで送られてくるお客様控えが航空券と同じような役割を果たしますので、航空チケットを無くしてしまうという恐れが少なくなります。
実際に予約情報は航空会社のデータベース上にありますので、自宅でも印刷ができますし、再発行をすることも何度も可能です。
従来の方法であれば航空券が紛失してしまうと効力が無くなりますが、eチケットであればデータベース上にあるので、航空券を無くしても効力が失われません。

eチケットは紙ではないメリットを感じることができる

格安航空券であっても紙であれば、チケットが到着しないというトラブルが起こることがありますが、eチケットであればすぐに予約内容がデータベースに登録でき、お客様控えが送付されますので、安心できます。